治験コーディネーター│仕事の魅力・やりがいについて

治験コーディネーター → 治験コーディネーターがやりがいを感じる時とは?

治験コーディネーターがやりがいを感じる時とは?

日々の仕事をするうえで、「やりがい」があるかどうかは大きな意味があります。治験コーディネーターとして働いている人は、仕事のどんなところにやりがいを感じているのでしょうか。
助産師転職サイトで転職を有利に進める!

治験コーディネーターの仕事は、新しい薬が開発された時に、実際に被検者の患者さんに薬を服用してもらい、最後の治験の段階をスムーズに進めることです。この流れをきちんと行うことができ、無事に新薬が販売された時、治験コーディネーターの仕事をして良かったと思う人が多いようです。

自分が携わった薬が実際に世の中に出るというのは、かなり大きな喜びであろうと想像することができます。

治験というのは毎回スムーズにいくものではなく、被検者の方が新しい薬を飲むことに難色を示したり、非協力的なこともあります。そんな時もあきらめず、粘り強く被検者の方に説明を繰り返して治験に協力してもらうこともあります。

世の中には薬がたくさんありますが、それでも新薬を開発するのは大変なことで、数年から10年近くかかってしまうこともあるのです。開発にかかわってきた製薬会社の人たちや担当医師も、これまでの努力が無駄にならないようにするために、治験の行方を見守っています。

治験コーディネーターはそうした人々の期待も一身に背負っているのです。製薬会社の社員や医師達に頼りにされることも多いので、そういった面でもやりがいを感じられることでしょう。

治験コーディネーターの仕事は新卒で職業に就く人も多いですが、看護師や薬剤師から転職した人も結構多いのです。これまでの仕事と比較してやり甲斐を感じられる点としては、仕事に区切りがつくというのが大きいようです。

看護師や薬剤師の仕事は日々の業務に追われ、次々に新しい患者さんがやって来ます。それに対して治験コーディネーターはプロジェクトという仕事の単位があるので、1つのプロジェクトが終了するとほっと一息つくことができます。こうした感覚は看護師などの業務では味わえなかったもので、新鮮に感じる人が多いようです。

療養型施設で働く看護師は楽なのか

看護師転職を考えるとき、視野にいれることでは「激務じゃないこと」もあるかもしれません。その時に考える転職先として療養型施設というものがあります。老人ホームであったり、病床のある介護施設や病院などということです。

急患も手術もないことと、外来患者がいないことなどで忙しくないのではと思うのです。流行感冒時に左右されにくいことも理由の一つかもしれません。つまり、処置をすることも少なくなるのです。療養型施設での仕事では、看護ではなく介助的なものが多くなります。

寝たきりの方が多い病棟では定期的なおむつ交換と体位変換、それから流動食の準備と注入といったものがあります。ほとんどがご自身でコールを押せないことから時間を決めて巡回していかなければなりません。1人で担当する人数には制限があるとしても「楽」とはいかないかもしれませんね。

療養型施設は入所する患者さんの状態によって様々です。リハビリ専門だと、急性期医療を受けた後、自立に向けての訓練を行います。看護師の仕事としてはベッドから検査室、リハビリ室までの介助を一日になんども行うこともあります。

手伝ってあげるというものではなく、自立に向けてという視点から、時間がかかっても我慢強く見守ることだってあります。また、いくらか動ける患者さんが多い場合、コールが頻繁にならされ、それに対応をしなければなりません。

トイレで呼ばれることもあるでしょうし、起き上がるために呼ばれることもあります。また、夜間には寝られないということで呼ばれることだってあり、夜間勤務ではおむつ交換以外ではコールに対応するだけで終わってしまうということも多いのだとか。

長期療養型病院では口からの食事ができない方でも点滴をしないのが一般的です。食事は鼻からの管や胃瘻をされている方は胃に直接注入しなければなりません。仕事の流れとしては単調かもしれません。しかし、決められた時間の中でそれらを欠かすこと無く、受け持つ患者さんの数をこなさなければならないのです。